不動産投資の助けになってくれるのが家賃保証

家賃の回収をする

不動産投資では、家賃をしっかりと回収しなければなりません。家賃を回収できないと、収入がなくなってしまうでしょう。心配な人は家賃保証サービスを利用した場合とそうでない場合の比較をするのがおすすめです。

家賃保証サービスの比較

サービスを利用する

家賃保証サービスを利用することによって、確実に家賃収入を得ることができます。万が一、家賃の滞納があっても家賃保証会社が立て替えてくれるので安心でしょう。

サービスを利用しない

家賃保証サービスを利用していない場合は、滞納した家賃を自分で回収しなければなりません。サービスを利用した時よりも、余計な労力を使ってしまうのです。

不動産投資の助けになってくれるのが家賃保証

模型

部屋を借りやすくする

賃貸契約には連帯保証人を用意する必要があるでしょう。しかし、家賃保証サービスがあれば、連帯保証人を用意する必用がありません。利用者が部屋を契約しやすくなるので、空室を防ぐことができるでしょう。

空き部屋

滞納しても安心

滞納報告があってから、基本的に3営業日後には賃貸人に家賃が入金されます。そのため、万が一家賃の滞納があっても収入が途絶えないのが家賃保証サービスの大きな特徴なのです。安定した収入を実現できます。

マンション

様々な賃貸物件に対応

家賃保証サービスを利用できる賃貸物件の種類は様々です。マンションやアパート以外でもサービスを利用できるのも特徴の一つでしょう。例えば、駐車場やトランクルームなどでもサービスが利用できます。